予備的遺言が特に有効なケース

予備的遺言が特に有効なケース

遺言で財産をあげようと思う相手受遺者、受贈者が高齢であったり、病弱であった場合

受遺者、受贈者が遺言者よりも先に死亡してしまった場合、その部分の遺言が無効になってしまいます。その場合でも予備的遺言があるときは、代わりに財産をあげる人を決めておくと、遺言が無駄になりません例えば、その人の法定相続人に法定相続分の割合で相続させ又は遺贈するなど。

お子様がいらっしゃらないご夫婦が一緒に遺言を作成する場合

もし、かわいい甥姪がおられる場合には、予備的遺言をしておくと、ご夫妻が双方ともお亡くなりになった場合、その甥姪に財産が渡すことができます。予備的遺言がないと、ご夫妻のどちらかがお亡くなりになったとき、もう一度遺言を作成しなければなりませんが、予備的遺言を作成しておくことにより、遺言作成を1回分省略することができます。また、配偶者が亡くなった時点で判断能力が衰えて遺言が作成できないというリスクを回避することもできます。

きょうだいには、絶対に遺産をあげたくない場合

お子様に遺産を相続させる遺言を残されたとしても、万一そのお子様が交通事故などで死亡なさった場合、きょうだいが相続人になります親が存命のときは親が優先。きょうだいに遺産が渡るのを防止するためには、受贈者を交通遺児育英基金足長おじさんなど慈善団体や研究団体に寄付遺贈する旨の予備的遺言を作成しておくことが有益です。

公証役場HPより引用〜