148013811395 縄文土偶=イナンナ説byはやし浩司 謎の血洗神社の渦巻模様

1480+1381+1395 縄文土偶=イナンナ説byはやし浩司 謎の血洗神社の渦巻模様

a href=https://youtu.be/I_7s5aTIt48https://youtu.be/I_7s5aTIt48/a

2015/06/30 に公開

1480+1381+1395

Mystery of Chiarai Shrine

(血洗神社の謎)

Jomon civilization is the First Civilization that fostered the Whole Civilizations of the World (ex. Vinca, Servia).

縄文文明は世界文明を育てた、第一の文明であった。

A Haniwa with a Baby (赤ちゃんを抱いた埴輪)+Sitio Barriles(パナマシティオ・バリレル遺跡)

What is “Haniwa” Figures? Here is my answer. The figures are most likely Ishtar/Inanna or Gods themselves in Babilonia. And Jomon Venus is Ishtar and here is the Evidence

埴輪とは何か。ここで考えてみます。埴輪の像は、イシュタール(イナンア)、あるいはバビロニアの神々である可能性が、きわめて高くなりました。縄文ヴィーナスはイシュタールだった。その証拠。……というか、神々はまぜこの日本の地に降り立ち、この日本から西方へ向かいました。

+A Queen with a Mask in Chino-city Nagano, Japan

(長野県茅野市の仮面の女王)

土偶はエイリアン(Dogu Clay Figures are Aliens)

その証拠と証明(The Evidence and its Proof)

縄文文明の謎(埴輪・縄文土器・土偶の謎)

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

Mystery of Clay Figures and Earthenware and its answer at Idoziri Acheological Museuma, Nagano, Japan

Jomon civilization is Father of other civilizations around the Pacific Ocean, including such as Maya, Inca and American Indians.

Inanna in Sumeru and Ishtar in Babylonia was once born and raised up here in Central Japan and here it’s my pleasure to show these facts and prove it in this video being true with evidence.

My wife and I went to Mt. Ena, or you may call it Mt. Ina to examine Chiarai Shrine at the foot of Mt Ena, where they say Amaterasu-Goddess was born and they washed a new-born.

Today’s story starts from here.

アマテラスが生まれたとき、その体を洗ったとされる池が、血洗池と呼ばれています。

その近くに血洗神社があると言います。

私とワイフは、その血洗神社へ行ってきました。

なおその血洗神社には、毎年夏至の日にだけ、朝日がその隙間から通るという岩があると聞きました。

私は、その岩を自分の目で確かめてみることにしました。

が、行ってみると、血洗神社はやや谷底の、深い森の中にありました。

またその岩は見つかりませんでした。

あたりを歩き回り、あきらめかったそのとき、神社の鴨井に、妙な彫り物がしてあることに気がつきました。

渦巻です。

渦巻がイナンナの紋章であることは、私、はやし浩司が発見したことであり、私が発見する以前に、それを知っていた人はいません。

私はその渦巻を見て、驚きました。

土偶=エイリアン説は今では常識ですが、さらにそれを深く掘り下げて証明してみました。その深く掘り下げた部分について、たとえば土偶=イナンア説などについてのアイデア、セオリーの無断、転用、転載、盗用、流用は、禁止です。とくにマスコミ、考古学の世界での流用を禁止します。2015年06月30日現在、どなたにも許可していません。リンク張りは自由にしてください。

元情報:http://tinyurl.com/y9etgydd

(Powered by my日本