偶像の仕組みと仕掛け人たちとのバトル

やるせない思いが続く不正行為も偶像のために特別な世界の暗黙の了解で共同不正を続けることが人としての考えが渦巻く中で窮地に陥る日本の象徴なのかもしれない

長生きの秘訣は美しいものが見れない世の中に自分で美しい心根でつくることでいつお迎えがきてもいい人になるのかもしれない

人の事が気になる人たちにとってネットに見るようになってからのマスコミの連鎖の如く暑い夏の

熱のこもった展開が続く群集心理を紐解いていく視点で病は底知れずなのかもしれない

良いことは常に悪いことの前兆であるその反対も

憶測は事実として混同して悪しき習慣は他人任せでふくらんでいくのかもしれない

国を曇らせていく根源は経済のグローバル化に対応できない日本独特の習慣性に驚くばかりの

明暗は共同不正行為によるものがつながりが強く象徴されているのかもしれない

*****掛介麻久鍼畏伎伊邪那支大神

*****筑紫乃日向乃橘乃小戸乃阿波岐原雨

*****禊祓閉給比志時雨正里坐世留

*****祓戸乃大神等諸々禍事罪穢

*****有良露牟呼婆祓閉給比清米給閉登中須事手

*****聞食世登恐美母白須

This week in review:

From:DNC Factivists

発信元:democrats.org

To:Ezakifirst+Name: Nobukolast+Name:

2017/7/2, Sun 12:02

Factivists

This week, we finally got to see what Mitch McConnell and Senate Republicans had been hiding from the public for so long when the nonpartisan Congressional Budget Office released their findings on how much damage the GOPs health care repeal would do -- 22 million Americans would lose their health insurance. Thats bad news:

22 million Americans -- load image

RETWEET

Sen. Dick Durbin tweet -- load image

RETWEET

See how many people in your state would lose affordable care -- load image

RETWEET

But thanks to millions of Democrats who made phone calls, signed petitions, attended protests, donated their hard-earned dollars to fund our resistance, and more, McConnell was forced to delay the GOPs repeal vote until after July 4th. That means we have more time to hold Republican senators accountable:

Support our Town Hall project -- load image

RETWEET

Call your GOP Senator -- load image

RETWEET

While that was happening, grassroots Democrats from all over the country -- even folks from Alaska and Hawaii -- were getting ready to fight back against the GOP agenda at the DNCs first-ever Resistance Summer training!

Resistance Summer -- load image

RETWEET

Resistance Summer -- load image

RETWEET

More than 100 people came to D.C. to hear from experts and get trained on organizing tactics that theyll take back to their home states and use to mobilize Democrats in their communities:

Resistance Summer -- load image

RETWEET

Resistance Summer -- load image

RETWEET

This is how well win key races this November and next year -- by taking advantage of every available opportunity to empower our grassroots.

Weve got a long road ahead of us between now and then -- so stay tuned for more news and updates on ways you can get involved in the movement.

Until then, thank you for everything youre doing to spread our message and power our movement. We couldnt do what we do without your help -- and happy 4th of July!

Talk soon,

DNC Factivists

We have a voting problem in America.

From:Jason Kander

発信元:ofa.us

To:rinebow611@yahoo.co.jp

2017/7/1, Sat 18:02

Organizing for Action

Friend --

First Name. Middle Initial. Last name. Address. Birth date. Political party. Voter history. Military status. Social security number.

This administration is trying to collect this information from every voter in the country. I certainly wouldnt trust them with it, and the fact that theyre after it should worry every person in America.

They have told lies about voter fraud for months, and have created a commission that voting rights experts believe is charged with trying to disenfranchise as many voters as possible -- after all, its headed up by one of the most notorious advocates of voter suppression this country has seen in decades.

A letter released this week by the Presidential Advisory Commission on Election Integrity confirmed it: This administration is willing to go to extreme lengths to collect the information it needs to lay the groundwork for voter suppression.

Attacks on voting rights in this country are nothing new -- but if we dont fight back, more and more Americans will be disenfranchised by efforts like these.

If we allow them to create a government database like the one this letter suggests theyre creating, it becomes more and more likely that they will target certain voters who arent going to vote for them. That is an assault on our elections, and on our democracy.

Whether its extreme identification requirements, voter intimidation, or new and extreme voter registration processes -- anything that makes voting harder -- we have to fight against it.

Add your name with OFA, and say that youre in:

https://my.ofa.us/Say-No

Thank you,

Jason Kander

TBSの心霊番組で「心霊写真」に合成の疑い 番組側は「回答を控える」

7/20(木)

7月19日、TBS系列にて放送された「生き物にサンキュー&世界の怖い夜 合体3時間SP」。その中で紹介された心霊写真が問題視されている。

ロンドンブーツの田村淳さんがMCを務める人気の心霊番組。19日放送回では、青森県に住む“イタコ”を紹介したり、霊が出るとされる廃ホテルをタレントが訪れた。

問題視されているのは番組終盤の「心霊写真」のコーナーだ。

“とある展望台を訪れたときに撮影された写真”として紹介された写真には、男性3名が写っており、その後ろには女性のような顔が写っていた。 番組はこれを霊とし、心霊研究家・池田武央氏はこの場所で事故死した女性の霊と説明。この世に強い未練を残しており、すぐにお焚き上げすることを勧めた。

TBSの心霊番組で「心霊写真」に合成の疑い 番組側は「回答を控える」

番組では四角の部分に顔らしきものが写っていた。※編集部でモザイク加工済み

「合成です!」心霊写真に指摘。

しかし、放送直後、Twitter上で写真に写っている男性たちの友人らから「合成です!」「テレビの闇」など指摘する声があがった。

Twitterには元の写真も投稿されており、そこには番組にあった顔は写っていない。BuzzFeed Newsにも画像を提供してもらい、確認をしたが顔らしきものはみられなかった。

写真に写っている男性本人によれば、これは昨年5月頃に神奈川県の湘南平の展望台で撮影したもの。 男性は「写真に顔など写っていません」と心霊写真であることを否定した。また番組側から事前に使用許諾はなかったとのこと。

ほか2名の男性も「俺、(テレビに)写っているんですか?」「テレビ怖い」と話している。

TBSは回答を拒否。BuzzFeed NewsはTBSに対し、写真の出典元や元画像と違う箇所があること、許諾の有無などの回答を求めたが、広報部は「お答えすることはない。回答は控えさせていただく」とコメントしなかった。退社に不倫…テレビ朝日「女子アナ哀史」が始まった

7/20(木)

退社に不倫…テレビ朝日「女子アナ哀史」が始まった

 6月7日 青山愛アナが7月に退社することが判明

 6月11日 宇佐美佑果アナが年内に退社することが判明

 6月15日 竹内由恵アナとバスケットボール選手の田臥勇太との交際を「週刊新潮」が報じる

 テレビ朝日女性アナウンサーのニュースが、連日メディアを賑わせている。「ゲス不倫」が世間を騒がせた2016年には、10月に矢島悠子アナと制作会社社長、12月には田中萌アナと加藤泰平アナとの不倫が、それぞれ「週刊文春」に報じられている。

 2017年2月には小川彩佳アナと嵐・櫻井翔の交際を「週刊ポスト」が報道。5月には、本誌が大木優紀アナの夫の会社の倒産を報じている。 異常なハイペースだ。キー局のなかでも“清楚で真面目”な女子アナが多いイメージのテレ朝が、なぜこうなったのか。

「アナウンサーになって(中略)ニコニコして相手に合わせたり、意見を飲み込んで無理をしたり、空気を読んで空気みたいな存在になっていると感じることがありました」

 退社が報じられた青山愛アナは『マツコ&有吉の怒り新党』の最終回(3月29日放映)に合わせて更新したブログで、こんな悩みを打ち明けた。女子アナウオッチャーの北川昌弘氏が語る。

「青山アナは、同番組に出演して再ブレイクした夏目三久さん(元日本テレビ)の後任として、期待されていたはず。最終回では、マツコに『あなた好きでしたよ』と言われ、青山アナが涙ぐむ場面も。本人は報道志望で、本意ではなかったといわれていますが、番組としてうまくいっていたのに……」

 ある社員が解説する。

「テレ朝のアナウンス部は体育会系なんです。上下関係が厳しく、管理されている感じ。与えられた仕事を、基本に忠実にこなすことを叩き込まれます。帰国子女の青山アナには、耐え難かったのでしょう」

 青山アナは、市川寛子アナや、宇賀なつみアナのあとを受け、入社4カ月で『報道ステーション』の気象キャスターに就任。「ここをまかされる女子アナは、期待されている」(前出・社員)という花形ポジションを歩んできた。

 テレ朝は他局に比べて派閥抗争は少ないというが、この「報道ステーション組」と、下平さやかアナや竹内由恵アナが担当してきた「ミュージックステーション組」に抜擢されることが、出世コースとなっている。また、表立ってではないが、「スキャンダル組」というべき一派も、脈々と受け継がれてきた。

「とはいえ、もともとテレ朝は不倫スキャンダルには厳格でした。1997年に池谷幸雄との不倫が発覚した吉元潤子アナは1年以上の謹慎。2003年、内村光良との不倫が報じられた徳永有美さんは、発覚直後に出演番組で謝罪させられています。それを考えると、3カ月半で復帰した田中萌アナは破格の扱い。矢島アナにも処分は下っていません」(別の社員)

 熱愛が報じられた竹内アナ、小川アナにも寿退社の噂が絶えない。4月から始まった『サタデーステーション』には高島彩、『サンデーステーション』には長野智子と、元フジのフリーアナを起用し当面をしのいだが、不倫騒動の2人がお咎めなしになるのも、やむを得ない事情があるのだ。

2012年まで同局のアナウンサーだった佐々木正洋氏はこう語る。

「たしかに、テレ朝には窮屈なところがありましたね。それで早朝の情報番組から、夜のバラエティまで働いていては、若い彼女たちが『女工哀史』ならぬ、“女子アナ哀史”みたいに思ってしまうこともあるかもしれません。若手女子アナは、大下容子アナに学ぶべきです。いまも週に6日の生放送に出演し、清廉なイメージを保っていますから」  最年長の大下アナがひとり奮闘し、宇賀、竹内両エースの後進が育たなければ、未来は危うい。

船越英一郎の前で「(不倫は)破滅ですよ」 美輪明宏、視聴者相談の中で

7/20(木)

船越さんの話がたびたび登場する松居さんのブログ

 妻の松居一代さんから不倫疑惑を突き付けられ、離婚騒動で揺れる俳優の船越英一郎さんが出演するテレビの生放送で、本人の目の前で不倫に関する話題となり、出演者が「現実にした途端に破滅ですよ」と、不倫行為を切り捨てる一幕があった。

 番組はNHK「ごごナマ」。出演者は、シャンソン歌手など幅広い活動で知られる美輪明宏さん。番組では美輪さんについて、「数々の人生相談で知られる」などと紹介し、視聴者からの相談を取り上げる中での一コマだった。

■しきりにうなずく船越さん

 2017年7月20日、NHK「ごごナマ」の13時台のゲストは美輪さんだった。船越さんは、女優の美保純さんらとMC(司会)を務めている。美輪さんは冒頭、「お手柔らかに」「いじめないでください」などと司会者らに話しかけた。番組はその後、シャンソン談義などで盛り上がった。

 30分以上が過ぎ、番組ではあらためて、美輪さんについて「数々の人生相談でも知られる」と紹介して、視聴者からの相談に答えるコーナーに移った。冒頭の相談は、夫も子供もいる40代女性が、かなり年下の職場の男性に「恋してしまった」というものだった。 美輪さんは、「心(の中)のロマン」としては肯定的な評価を示しながらも、「現実にしたら悲劇が来る」と、たしなめた。今の家庭生活は大切にしつつ、心の中にとどめておく分には「楽しみができた」と考えればよい、とも回答。その上で、「現実にした途端に破滅ですよ」と厳しい言葉を使って、不倫を実行に移すことに釘をさした。

 この間、カメラは多くの時間、美輪さんを単独で映していたが、画面に向かって美輪さんの左側に2人で並んで座る船越さんと美保さんも、数秒にわたり映し出された。船越さんは、美輪さんをじっとみつめながら、しきりにうなずいている。一方、美保さんの表情は、心なしか笑いをこらえている様に見える。不倫・離婚問題の渦中にいる船越さんを前に、不倫行為について正面から話題にすることに可笑しさを感じたのだろうか。

「金言を発していらした」

 また、偶然だろうが、美輪さんが「現実にした途端に破滅ですよ」と語る場面で、「現実にした途端に破滅で...」辺りまでは、船越さんと美保さんが映っていたが、「...すよ」のくだりで画面は急に美輪さんに移った。  2件目の質問は、男性に優し過ぎて男性をダメにしてしまう、という20代女性からのお悩みだった。話題の流れから、やはり船越さんを想起してしまったのか、美保さんは、こらえきれなかったのか、声を出さずに笑ってしまったようで、必死に右手で口の辺りを抑えていた。  こうしたやりとりを受け、J-CASTニュースの「松居一代、夫の『ごごナマ』降板を要求〜(略)」(7月19日配信)記事へのコメント欄には、20日午後、「今日のごごナマで、視聴者からの質問に、不倫なんてしたら破滅しかないのよと金言を発していらした美輪明宏様」といった指摘も寄せられていた。

NHK総局長 船越の「ごごナマ」続投を明言 苦情も「引き続きMCを」

7/19(水)

 NHKが19日、東京・渋谷区の同局内で定例の放送総局長会見を開いた。同局昼の帯番組「ごごナマ」でメーンMCを務める俳優の船越英一郎について、妻の松居一代が降板を求めたり、1本あたりのギャラを暴露したりしているように取れる記述をしている問題について、木田幸紀放送総局長は「引き続きMCを担当していただくつもりです」と語った。

 木田総局長は質問に、「NHKとしては個人のブログの内容についてコメントはありません。それから、出演者のプライベートに関わることなので、それについてもコメントすることはありません」と松居のブログの内容については関知しない姿勢を示した。その上で、「引き続きMCを担当していただくつもりです」と明言した。

 ブログでは、松居が読者に対して、NHKに意見をぶつけるよう求めている記述もある。それを含めて、ブログでの暴露が始まった7月4日の深夜の翌日にあたる5日から「100件は超える数字」(広報担当者)の意見が寄せられていることも明かされたが、詳細な件数についてはとりまとめていないとした。内容については「プライベートについて取り上げるべきではない」とするものがあるとした。

 「ごごナマ」は船越の問題を除いても、視聴率が芳しいとは言えない状況になっている。リニューアルについての質問に、木田総局長は「今までやっていなかった時間帯にこのようなタイプの番組をスタートさせて、すぐ結果が出るとは、長年の経験から考えていなかった。むしろ、この3カ月半ぐらいの間にいろんな形で定着をそれなりにしてきているし、いろいろなご意見を伺っています」と番組に一定の評価をした。  ただ、船越自身が、番組に対してどのような意向を示しているかについては「まあ、現場の担当者に仕事の話しかしていないということはないでしょうから、信頼関係の中で話しをしているのでしょうが、私はオフィシャルに聞いているわけではないので、個別のやりとりについてはお答えを控えさせていただきたい」と語るにとどめた。

 松居はブログでは船越の個人名や「ごごナマ」の番組名は出していないが、「今、すぐに、司会者を変えていただこう」と求めたり、「一回の出演料40万円だ」と暴露したりと船越についてと読み取れる文脈で、過激な発言を続けている。