実名報道すればいじめは減る

■教員が失言「騒ぐと加害者に」…手紙で自殺迫られた女子生徒の親族に謝罪 大阪・枚方の市立中学

(産経新聞 - 07月27日 14:12)

https://news.SNS.jp/view_news.pl?media_id=3&from=diary&id=4688785

いじめ被害者が自殺しても、自殺に追いやったクソガキは少年A、少女Aとして扱われ、数年後には人一人の命を奪った事への加害者意識も無く何食わぬ顔で人生を謳歌する。

そんな殺した者勝ちの世の中ではいつまでたってもいじめは減らない。

本気でいじめ対策がしたいならば「いじめを行えばいじめを行なった者のその後の人生が破滅させるようにする」べきです。

犯罪者の実名報道に対して「犯罪者にも人権が〜」などと脳神経に異常が見られる輩が湧くだろうが、そもそもいじめをしなければ実名報道はされないという事を理解するべきです。

まぁ精神異常者に対して世の中の常識を説くのは容易なことではないのですけどね。