夏休み中の学生の心境と対応

8月に入り、夏休みを迎えた学校も多いと思います。

先生方もほっと一息つけたかもしれませんね。

溜まっていた仕事をやったり、休みをとったりと学生がいない時間は

自分のペースで進められます。

では、学生達は夏休み中にどんな気持ちでいるでしょうか?

勉強したい

ゆっくり休める

バイトで稼ごう

地元の友達と遊ぼう

など様です。

この時期に大切なのは、様な気持ちで過ごす学生達に離れた場所からサポートする事です。

長い夏休みが終わると、中には不登校になってしまう学生もいるかもしれません。

夏休みは前にお話しした所属欲求が学校以外の場所に移ってしまう可能性が高い期間といえます。

この所属欲求をうまくコントロールして常に学校を意識させましょう。

かといって、学生は楽しい夏休み中に先生から、最近どう?などと現実に戻されるのを嫌がります。ではどのような内容が良いのでしょうか?

先生も夏休みを楽しんでる事を学生に伝えれば良いのです。

そこにどことなく専門分野の情報を入れてあげると学生が学校専門分野などを忘れずにいる事ができるでしょう。

美容師なら夏休みに先生は髪をきってイメチェンしました

食の分野ならに旅行に行ったときに珍しいものを食べましたなど

返信を求めなくても良い内容で送るのが重くなくてよいかと思います。

そして、学校が始まる直前には

明日から新学期です。9時に集合なのでおくれないようになどと事務的な内容だけではなく

やっと長かった夏休みが終わり、明日から新学期です!みんなは寂しいかもしれませんが、先生はみんなに会えるのを楽しみにしていますなどと学校に待っている人がいる事を内容に盛り込んで連絡してみましょう。

連休明けで学校行きたくないなあと感じている学生の気持ちも少しだけ前向きに変わっているはずです。

学生も先生もリフレッシュする期間なので仕事や勉強から少し離れたいのは一緒ですからね

Yourownwebsite

AmebaOwnd